• 2011/03/30
    最後の曼荼羅紀行である。というより、これを最後に新しいサイトにmandala blog がはじまる。あの椅子の沢山転がっている曼荼羅紀行がいい・・・という人もいるが時はすぎていく。新しいデザイナーによって新しいサイトが出来、そこをベースにウェブの構造が再構築される。

  • 2010/12/23
    ねえ、君・・・感じない?

  • 2010/12/23
    世界は変わる、インターネットでこんなに変わった。自動車だってガソリンが支配的だったのに、あと20年もすればガソリンエンジンは電気モーターに取って代わられる。トヨタ自動車はどうなるのだろう?
    コンピュータがなかったら僕のあんな長大な学位論文も書けなかっただろう。そうそう・・・電話と言えば街中に電話線を貼り廻らせて引いたあの時代は嘘のように誰でも携帯電話を持っている。電気だって自家発電がどんどん増える。送電線なんていらない時代はそう遠くはない。
    道路の上に貼り廻らされた電気や電話の線が街を汚くするから道路に埋めるべきだとか、それにどれほどのお金がかかるかを問題にしていたのにもうそんなものどんどん消えていく。
    あんなに自動車に憧れた若者も今は欲しがらない。出版業界はどうなるだろう?本なんいらない電子図書の時代になる。ヴィデオやCD屋さんももう斜陽産業だ。かって、憧れの時計やさんが消えていったようにCDやさんだって消えていく。

    写真は40年程前にデザインして今も売られているgom
  • 2010/12/17
    香港でいろいろな人間模様に巡り会って来た。
    香港は不思議なところ・・・上海でも北京でもフランクフルトでもミラノでも・・・こんなに人のドラマが見えたりしないのだが・・・。それだけ僕が香港の社会に、香港の人々の心の深いところに触れたのだろう。

    なんだか単なる旅ではなかった気がする。多くの運命的な出合いがあったような気がする。人間関係は出合いから育っていく物だから今は分からないのだがそんな気がしてならない。

    写真は香港のレストラン風景
  • 2010/12/12
    香港の雑踏を抜け出して、広州に来た。僕の本「素材と身体性」の出版の機会に広州外語外貿大学での講義に招かれたのである。相手はデザインナーでも建築家でもない。日本語を学ぶ学生たちと先生たち。彼らに日本の美意識を講義するためである。だから通訳なしで日本語のレクチャーだった。

  • 2010/12/05
    香港一のレストラン、福臨門で飲茶のランチを終えて、出版の記者会見まで時間がある、というのでその辺りの街を散策する。ちょっと横町へそれるとごちゃごちゃとしたマーケットが嬉しい空間をつくっている。それを通り過ぎてもう一本の通りにでる。
    ちょっと横を見ると、その小さい道の先が明るくて一本のガジュマロがある。思わず入り込む。

  • 2010/12/04
    香港の天地出版から僕の本がでた。3日前の事である。昨日その記者会見とちょっとしたレクチャーがあった。テレビの取材もあったりで数時間の喋りっぱなし・・・。本当に疲れ果ててしまった。

    その夜はBODWのガラパーティーだったから疲労困憊の一日。

  • 2010/12/03
    料理は味だけではなく香りも食感も視覚的な美しさも、人間は実に敏感に感覚を受け止める。美味しいまずいはどうしても許せない感覚、ごまかせない感覚である。

    なかでも現代人になって衰えがちな嗅覚、香りは味などより意識の深部に働きかけてボディーブローのように身体を痺れさせる。
  • 2010/12/03
    香港にいる。そこそこのホテルなのだが朝食はまあまあである。品数は少ないのだが味はいい。
    中でもキムチは抜群。中国なのに・・・キムチがいい。
    おかゆを頂いた。
    そこはかとなく太陽の味がする。

  • 2010/10/12
    目時先生という若い女の先生がいた。
    僕の小学校一年生の時のことである。

    写真は京都の舞妓さん
  • 2010/10/10
    泉 耕二さんという人の講演を聴いた。物学研究会での講演だった。この歳までこんなにたくさんの情報を矢継ぎ早に提供いただいたことはないという程に濃縮して驚天動地の情報の暴風雨だった。
    まんじりともせず、充実して感動できる様々な情報が映像や表やキーワードで僕を襲ってくる。こんな話の出来る人は恐らく日本で泉さんだけだろう。

    写真は西陣織の下絵
  • 2010/08/23
    人の死に直面して、誰でも自分の生命について考え始める。死というものの不思議さと、もうその人に会えなくなるという悲しさと、そこから想いを馳せる生命というものの華麗さと・・・友の死に直面して広がる想いの華麗さと無限に広がる思索の波紋はいったい何だろうと思う。

  • 2010/07/18
    僕が北京の音楽別荘の設計依頼を受けたとき、「プロダクトとして設計しよう」と心に決めた。
    僕のように「皿も建築、都市も建築」と主張し、「建築は皿、建築は都市」と主張してきた僕には或る意味では当然ではある。
    しかし、そう決めたことには1つの自己への決意と外への宣言があるように思っていた。

  • 2010/07/12
    一端、掻き出すとどんどん痒くなる。痒いという感覚は痛いというのと変わらないほどに辛い感覚である。しかも痒いところを掻くことほど快適なことはない。快楽の究極である。でもその歓びは直ぐに忘れる。

  • 2010/05/24
    こんな時代だからセイフティーネットでお金を借りようとしたら駄目だという。理由はちゃんと話さないのだが、どうやら「僕の年齢」らしい。
    若者が減少して少ない若者で年寄りを支えなくちゃならない時代が訪れていることに危機感を抱いている人たちが多いのに、年寄りが働こうとすると「もうじき死んじゃうから金は貸せない」という。なんたる時代だ。

    写真はマダガスカルの住宅建設現場
  • 2010/05/22
    もしも世界中の企業がデザイナーに門戸を開いて、提案のチャンスをくれたらどんどん新しい時代が訪れて風通しのいい社会が出来るのにな、と思っていたけど、ついにその入り口をつくった。
    これを見てください。

    http://www.design-proposal.net/

    このサイトは「赤い島」にいる複数の企業名から自分のアイディアがこの会社にピッタリだ・・・思う企業を選んで提案することが出来るのです。
    提案してみてはどう?自分の能力のなさに愕然としてもっともっとと勉強するデザイナーもいれば、誰にも認められないで優れたアイディアを死蔵していて・・・やっと日の目を見る人もいるだろう。

    写真は富山の「風と光の塔」で21世紀を記念してつくったもの。僕の設計で上へ上へと上昇するイメージの表現
  • 2010/05/15
    昨日、金沢美術工芸大学で芸術博士の学位を頂いた。不思議な体験だった。若いきらきらした女性が二人、過程博士の学位を授与され、僕は論文博士の学位を頂いた。論文博士は金沢美術工芸大学の第一号だそうである。
    晴れやかなステージと花束と学長や教授達の絶賛の言葉がおもはゆく、うれしかった。

    僕の論文は340ページにも及び、厚さ数十ミリ? そのタイトルは「自己解剖/自己の作品と理論の解剖による普遍的美の探求」というものだったのだが、この学位論文を書くことになった動機は今から8年前にさかのぼることになる。

    授与後、挨拶する
  • 2010/05/10
    中国ではO GalleyがKのエージェントに決まった。初めは北京だけと行っていたのだが全土をやりたいのだという。
    宋さんというアーティストと唐さんというビジネスを担当する女性とのペアーがパートナーとなって運営している。二人の出会いは8ヶ月前だというのだから今の元気さは中国の若さと言うべきかも知れない。

    レストランの宋さんと唐さん
  • 2010/05/09
    中国は農民の問題にテーマが移ったと復旦大学の張少俊はいう。人口の80%を占める農民が政府の最大のテーマであり、中国の未来を左右する人たちだと言う。日本もそうだったように、80%を占める農民の生活がどう変わり中国の消費の中心になっていくかが中国全体を左右する時代になった。

  • 2010/05/09
    上海から帰ってきた。短時間だったけどいろいろなことに出くわし、色々な人に会えた。蔡國強さんの展覧会のオープニングでは森美術館の南條さん(館長)に会えたし、飛行機では森社長夫人に会えた。「芸術世界」とう雑誌の編集長とも食事したし、若手のファッションデザイナーとも会え、アトリエを訪ねたりした。チャイナ・ブティックの総経理やマネージャーとも逢うことができた。

    街はLEDの提灯で美しく装飾されている。
  • 2010/04/19
    西陣織の細尾とKが手を組む。
    細尾は西陣織の織りやから発展して日本のすべての名品的織物を扱う問屋になっています。その細尾が京都御池通りに持っている店舗、キャッキャラが大変身を遂げて、4月29日から再出発することになりました。

  • 2010/04/16
    有馬晋平さんのスギコダマをいただいた。
    ギャラリー間での竹原義二さんの展覧会オープングパーティーでのことだった。まろやかで、たまらない肌触りの杉の玉だった。
    目で見るというより、目で触れ、掌で見る作品だろう。軽やかで、でも浮き上がるほどではない。滑らかで、でもつるつるではない。

  • 2010/04/14
    中国でKの作品が販売開始です。
    上海にChina Boutique Shanghaiがオープンです。
    上海の高級エリアにある百楽門大酒店の1-4階に新しく開設され、その4階をKの中国での提携先であるO Galleryがショップを運営します。
    Kの殆どの商品が展開されて中国のKの拠点の1つになるでしょう。

  • 2010/04/02
    僕はこれまで多くの本に目を開かされ、学んできましたが、僕にとって本は食事のようなもので食べた後、僕の中に生まれた衝撃や幸福や危機感などが僕の思想や美意識となって残り、その本自体は咀嚼されて粉々になります。

  • 2010/04/01
    古くさいイメージだね。この三つの漢字。

    大辞泉によれば、「認識上の真と、倫理上の善と、審美上の美。人間の理想としての普遍妥当な価値をいう」とある。英語では「truth, goodness, and beauty」となるそうだ。
    「知性(認識能力)、意志(実践能力)、感性(審美能力)のそれぞれに応ずる超越的対象が真善美である」とヤフー百科事典には記している。どうやらドイツから来た思想らしい。だとすると真善美と訳した日本人のこの三つの漢字のイメージは責任が重い。
  • 2010/03/28
    「素材と身体」という展覧会や講演を色々なところでやってきた。現代のデザインは形や色ばかり追いかけているから、文学のように表現の深い意味が伝わらない。物もデザインも消費されるのはこの表現の表層性にあるのだと思う。
    幼児の感性や原始の感覚を大人にも取り戻させないと・・・と素材の前進的感覚を訴えてきた。それを意識して撮影した写真を紹介しよう。フォトグラファーは僕自身だ。
  • 2010/03/27
    筑後に行ってきた。福岡県の産業創造のプロジェクトである。
    田舎はいいな〜。黙っていても自然素材でリサイクルである。
    日本唯一の櫨蝋の製造工場では櫨の実から楼をつくっていて、実をとったあとの枝や蝋を絞った絞りかすが燃料になっている。
    日本最後の樟脳の製造工場も訪ねた。楠の木をチップにして蒸して絞ってつくるのだが、ここでも絞りかすが燃料だ。
  • 2010/03/18










    僕は毎日、森の中で蝶々を追いかけている。みんなは忙しそうだね・・・と言うけれど忙しくなんかない。ただただ蝶々を夢中で追いかけているだけ。
  • 2010/03/17
    今、デザイナーだと思っている若者たちに一言いいたい。これまでの先輩たちも間違っていただろうし、産業一辺倒の時代の環境がデザインの意味を歪ませてしまったのだろうと理解もしている。しかし、ここらでしっかりとデザイナーは何をすべきかを考えて欲しい。
  • 2010/03/17
    今、北京空港にいる。北京にKの商品とその思想を販売するところが見つかったからである。というより、活動のパートナーが出来た、と言うべきかも知れないのだが・・。
  • 2010/03/11
    僕は恐ろしくなってくるデザインをつくりたい。でも世の中はみんなハッピーになるデザインばかり探している。


  • 2010/02/23
    僕の仕事のコーナーの向こう側でみんなが騒いでいる。僕のオフィスを若者達が占拠して部屋中を銀紙で覆おうというのである。
    NOSIGNERのアイディアなのだが、この西麻布界隈の街にでて銀紙の大きなロールを道路に広げて舗道のパターンやマンホールのパターンをすり込んでいる。近所の笄小学校の子供達まで参加して小学校のピアノの鍵盤をフロッタージュしたり・・・。街の人たちまで巻き込んでしまった。
  • 2010/02/22
    こんな一行が書き加えられた年賀状がくる。ちょっとプレッシャーだけど、嬉しい。ブログとは本当に変な存在だ。だって、日記なのだけど日記じゃない。人に読んで貰うのだけどそんな気取りはいらない。街に向かっての独り言・・・と言うべきかもと思う。
  • 2010/01/01
    2010年の元旦である。予定より遅れて雲間から太陽が一生懸命昇ろうとしている。成長する雲に阻まれてなかなかその上に顔を出すことができない。隠れたり現れたりしながらなんとか2010年の元旦である。
    今年の幕開けは決して順調ではなのだが、間違いなく太陽は登る。
    新しい時代が始まろうとしている。

  • 2009/12/31
    悪いことをしないことといいことをすることは同じかといったらそうではないのは当然だろう。悪いことをしないのは人間としては当たり前なことである。だから悪いことをしないからと言ってだれも褒めてはくれない。
    いいことをすると人は褒めてくれる。そして、いいことをしなくても非難はされない。

  • 2009/12/30
    安比高原にいる。まわりは雪。ゲレンデを見下ろすタワーの8階である。
    殆ど読んでしまった筈の、でもまだ少しだけ残っていた山本兼一の「利休にたずねよ」を開く。ちょっと後戻りして読み直すとつながりがいい。
    こんな文章が出てきた。千宗易が瓦職人の長治郎に茶碗をつくるように依頼するところだ。

  • 2009/12/05
    命はどう生まれたか考えたことあるか。父と母のお陰でこの世に生まれ、こうして喜怒哀楽を生きている。必ず死ぬことを知りながらその死の瞬間まで一生懸命生きている。親しい人が死んでもう会えなくなった。死とは、生とはどういうことだろう。

  • 2009/12/04
    深圳の税関まで深夜、迎えてくれた学生がいる。彼女が深圳滞在中ずっと面倒を見てくれた。英語と中国語の通訳をしてくれえてもいるのだが、親父を気遣うようにバスを降りる時にも手を差し伸べ、腕を組んで歩いてくれる。
    そのハートの可愛い彼女は5人兄弟だという。そんな筈はないと問うと実はそんなケースはいっぱいあるのだそうである。一人っ子政策もいろいろな抜け道があって・・・と彼女。
  • 2009/12/03
    深圳に来ている。
    深圳がユネスコのデザイン都市の指定を受けたことを記念して、中国政府と深圳大学主催するデザインフォーラムである。東京ビッグサイトでのIFFTの展示と全くスケジュールが重なってしまったので展示を終えて深夜に深圳に入った。
    香港から入るのだが香港と中国の不思議な政治的関係を深夜、香港から深圳への移動で感じることになった。
  • 2009/11/26
    上海に来た。インテリア・ライフスタイル・チャイナへの展示と販売ショップ探しのためである。今朝から展示で今日は準備のための日なのだが、昨日からしきりに雨が降っている。こんな雨の歓迎は上海では長年なかったことだ。中国の天の神が「侮るではない!」と僕に警告しているかのようである。
  • 2009/11/07
    今日もウォーキングできた。ちょっとした勇気だけでウォーキングのために起き上がることができる。ほんのちょっとした勇気。これがなかなかできない。
    別に毎日書くことはしないのだが、書くと言うことは自省になる。自分の心の中を覗くことにつながる。だからとてもいい。
  • 2009/11/06
    久しぶりに早朝ウォーキング。朝日が昇りかけている切れのいい空気の肌触りがいい。体中が歓んでいる。手ぶらであることは一番自然なのだろう。しばらく中止していたせいで体中が硬くなっている。肩胛骨も首も悲鳴を上げ始めていたのだが、やっと解放である。

  • 2009/09/14
    K塾があった。6回目である。「デザインにおける身体性」について1時間半のレクチャーをした。6〜70名が熱心に聞いてくれた。話の内容は、このところ各地で展覧会をしている「素材と身体」のレクチャーバージョンなのだが、要するに素材ではプラスティック時代、情報では映像時代ではどうしても素材より形態が重んじられてしまう。素材はネットで送れないが、映像なら送れる。その上、何もかも消費してしまう時代だから映像なら飽きられて、どんどん変わっていける。そんな時代に「形態なんて沈黙させて、素材の豊富な言葉を聴こうよ」と主張しているのである。
    12月には中国の深圳でのデザインフォーラムに招かれていて、この話をすることになっている。
  • 2009/09/14
     奥出雲へ出かけた。家庭画報の取材で「秋の奥出雲のトロッコ電車の旅」が主題なのだが、秋の風情はまだまだの中で、それでもトロッコ電車での旅は楽しかった。ライターと写真家と僕たち夫婦と編集者が付き合って、大名気分。いい夏休みだった。
  • 2009/09/08
     ウォーキングをすると色々な人と行き交う。若い人達は眼さえ合わさない。もっぱら孤独に歩いたり走ったりしている。お年寄りは時に「おはよう!」と声を掛けてくる。「おはよう!」と応える。犬を散歩する人たちは、歩いたり、走る人達とひと味違う。犬が主役で話し込んだりしている。
  • 2009/07/27
     今日、2月から耳が聞こえなくなっていた友人に会った。突然、聞こえるようになったよ・・・、と言う。彼女の表情が明るくなっていることに気付いていたのだが、その理由が、突然、分かった。
     そうだったんだ。だから・・・、そうだったんだ。
     何か世界が急に明るくなった。すべてが好転し始めたように思えた。突然、音を失った彼女の耳に何が起こったのかは分からないけれど・・・、嬉しくなった。
  • 2009/07/08
     初めてのK塾の日、僕はこんな事を話した。
     デザインとは人と物の関係をつくることだ・・・と。人とは何か?人は、どんな状態でこの宇宙に置かれているか?生命がここに現れた時のこと、自分自身がこの世に生まれた時の想像を絶する不安な体験について説明した。人は、生まれたながらにして「底知れぬ不安」に襲われていること。人の心に長い間、繰り返された不安な体験が記憶されていること。その不安から逃れるために、人は人を愛し、人は友を探し、戦争が絶えず、不安だから宗教や芸術が生まれたのだと・・・。
  • 2009/07/08
     久しぶりにエコノミーで行く。こんな時代だから・・・、それに中国は近いからと、JALのマイレージを使って、エコノミーで十分だと高を括っての気楽な出発だった。
  • 2009/07/06
     西安の道路は、溢れる車とバイクと人との、不思議なルールのない秩序をもった世界である。
  • 2009/07/03
     文化ということが何なのかを、今頃、実感している。使い古されたこの文化という不思議な概念は、こうして文化の及んでいない、いや、日本の僕の生活環境からはおよそかけ離れた地域に来て、やっと文化が何かに気付かされる。
  • 2009/07/02
     台湾の人口を知っていますか?2400万人だそうです。東京都のちょうど二倍かな?それが一つの国、そう主張している。
     台湾と中国の関係は不思議だけれど、意地の張り合いのようだ。
  • 2009/07/01
     感性。デザインの基本はここにある・・・と、経済産業省も多くの企業のデザイン部の人たちも考えている。本当にそうだろうか?いったい、感性とは何を意味しているのだろう?
     知性に対する単純に感性、人々のこの単純な発想が日本のデザインを誤らせている。
  • 2009/06/30
    「エコ」という単語が流行っている。どうして日本は、失語症のように流行るとそればかりになるのだろう。大切なことには変わらないのだが、「エコ」という単語は、まるで何にでも効くおまじないみたいだ。
  • 2009/05/27
     今年初めてのゴルフをした。確かに一年ぶりなのに、スタートホールからナイスショット。僕のトルソースイングは本物だ。
  • 2009/05/19
    いよいよ『デザインと死』(ソシム出版株式会社)が、本屋に並びます。正式発売日は5月20日。書店には18日、19日頃には並ぶそうです。
  • 2009/05/12
     5月9日の土曜日、4時からK塾の2回目を開かれた。1回目は60名ぐらいだったのでびっくりしたのだが、今回は80名は来ていたらしい。学生も多かったし、ちゃんとしたギャラリーの経営者から定年で独立した建築家、雑誌や新聞の編集者も参加してくれた。
  • 2009/04/29
     ソシムから出版される「デザインと死」の束見本(つかみほん)が出来てきた。束見本・・・、不思議な存在である。
  • 2009/04/27
     K塾のお誘いの文章はこんなものだった。先にちょっとそれを引用してみよう。
  • 2009/04/21
     僕の周りの、沢山の人が不安を訴えている。
     ある人、メディアで働くやり手ディレクターは鬱病で会社を休んでいる。鬱病は僕の周りだけでも2〜3人はいる。心のバランスをとれないで、自分は駄目だという思いが自分を苦しめるのだ。
  • 2009/03/17
     先のブログ、“植物のことを考えよう”に用いた森の写真を藤岡伸子さんが持っていることを知っていたから、写真拝借をお願いしたのです。そして、こんな原稿だと読んで貰いました。そしたら、返ってきたのが以下のメールです。
     いつも彼女には、その「知と感性」に驚かされる。こんな面白い話を皆さんに読ませないのはもったいないから、彼女の許可を得て掲載することにしました。
  • 2009/03/16
     物学研究会で新しいパラダイムの5つのキーワードを考えるセッションがあった。坂井直樹さんと紺野登さん、そして僕の三人が5つずつのキーワードを出すのだが、僕はそこでこんなキーワードを提出した。「植物」、「美」、「物質」、「自発」と「多極」である。そのうち、「植物」のことを書いておこう。
  • 2009/03/06
     なぜ人はつくるのか・・・。この理由を僕は単純に「必要だからつくる」と考えていたのだが、近頃はそうじゃないと思い始めた。
     人はつくりたいからつくるのだ。人は欲しいからつくる以前に、何でもいい、つくる衝動を抱えていると思うようになった。
  • 2009/03/06
     とにかくつくりたいんだ。いろいろアイディアが浮かんでくる。もちろんコストを見積もってみては、つくりかたや構成を考え直したり、容易じゃない。でも、悩みながらでもいろいろな構成が浮かんでくる。
  • 2009/03/02
     今日、松永真さんをアトリエに訪ねた。昔、同じ建物にオフィスを構えていたのだが、あれから随分一緒の仕事をしていない。
     何年経っても、同じ真さんだ。ちょっと気取ったオフィスで会う。自虐と自慢と照れと開き直りと・・・、相変わらず単純で複雑な奴だ。愛すべき奴で気障りな奴だ・・・、こんなこと書くと削除されるかな・・・。
  • 2009/03/02
    「稲越功一さんが、昨日の夕方ご逝去されたそうです。穏やかな最期だったそうです・・・」こんなメールが友人から届いた。あの笑顔が脳裏に焼き付いている。僕の驚きの返信に、彼女はこう返事をくれた。「とても、浄化されたお心で亡くなられたように思われます。近々、みんなで集まってお酒でも飲みたいですね・・・」。
  • 2009/02/17
     僕は、いつもデザインを素材の奏でる音楽のように考えている。素材は地球の一部だから、地球の感覚をそっと引き出すかのような作業でもある。
     鉄は、その奥から炎の熱さが聞こえてくる。ガラスは、溶かされて液体だった時もあるのだが、炎の記憶など全くないよ・・・と言わないばかりに凝固した水のようである。多治見でつくった磁器の皿は、なめらかな白いうわぐすりが白さに純粋さを顕している。
  • 2009/02/11
     サスティナブルとは、持続性のことである。生産と消費、成長と死滅、発展と終焉ではなく、継続的に生産的であり続け成長し続け、発展し続ける、そんな社会を作ろうと言うのである。
     「栄えるもの久しからず・・・」という平家物語の美意識に反する発想である。この発想の背後には、死を忌避し、厭う感情が働いている。死の生産性を信じていない危険な思想が潜んでいる。
  • 2009/02/02
     毎日とはいかないが、早朝、出来るだけ歩くようにしている。このきりっと寒い朝に恵比寿ガーデンプレイスを早足でウォーキングするのは、実に気持ちがいい。殆ど、黙々と全身を使って歩いている。
     今思うと、以前は歩き方が下手だった。歩きにも技術があるな、と近頃思う。毎日歩き方を工夫している。
  • 2009/01/28
     夕日を見て「きれいだね!」と感激の声を上げる。「うん!ほんとだね!」と同じ歓びに感激する。こんな風景に水をさす気はないのだが、この彼女と彼の間には大きな溝がある。
     人は、それぞれの歴史を持っている。同じ夕日でも、そこには異なった記憶が呼び起こされての感動のはずである。彼女にとってはいつか見た故郷の夕焼けだったのだが、彼には別の彼女との旅の思い出が脳裏に浮かんだのかもしれない。それでも、これは共感であり、コミュニケーションであることに間違いはない。
  • 2009/01/25
     日本の女性は、足が長いとは言えない。胴長である。西洋のすらりとした手足の美しさには、見た目、どうしても負ける。それじゃ、日本人は美しくないかというと、そうではない。西洋の美意識は視覚に偏っていてプロポーションが重視されるのだが、日本人は身体感覚で深い美を感じている。
     日本人の女性の美しさは胴の美に尽きるのではないか、と思ったりする。美の究極が見ることではなく触れることに収斂していて、長い胴はその美の感覚を満喫させてくれる。
  • 2009/01/21
     おせち料理を食べていた。お雑煮を口にして、ふっと思った。味が足りない…。昨夜、隣で料理をしていた妻が、僕に「味を見て」という。その時には何か足りないと思いながら、「いい味だよ」と言ったのだが、色々な具が入ってお雑煮になってみると、やはり少しだけ足りない。
     「足りない」というこの感覚には記憶がある。旨いか不味いかではなく、「足りないか、過剰か」はちょっと違う。デザインも「何かが不足してもいけないし、過剰でも駄目だ」ということ、そして「足りている」という感覚がデザインの思想とは別に重要なのだ。
  • 2009/01/19
     高度な生命体こそ複雑なのだそうである。高度な生き物である人間の感情もまた複雑である。生命体は高度過ぎて、まるでカオスだ。「高度な構造」は現実の社会でますます加速度的に高度化して、カオスのように見えてくる。
     そのような高度な社会の仕組みをシンプルに説明することが大切である。複雑と感じ始めると、人間はその社会からはみ出し置いておかれてしまう。要するに疎外されるのである。しかし、それが難しい時代になった。
  • 2009/01/16
     殺しのプロフェッショナル。ゴルゴ13のように、このプロフェッショナルという語感は冷徹に問題を解決する凄腕をイメージできて、いい感じである。仕事は受けた以上しっかりとやり遂げて見せることが大切だし、デザインのプロフェッショナルというと、企業からも個人からも自分の抱えた問題を解決してくれる頼りになる人というイメージである。
  • 2009/01/14
     美とは何かと問われたとき、僕は「気持ちいいこと」と答えている。ある人は「心地いいこと」でしょ?と修正してくれたのだが、どうも僕にはこの「気持ちいい」がぴったりである。心地いいよりもっと肉感的な気持ちよさである。僕はまた一方、「美のためなら死ねる」とも言っている。死を賭すほどのことにしては気持ちがいいというセリフが、ぴったりしない人もいるかもしれないのだが、でも、まさに気持ちがいいことに間違いはない。
  • 2009/01/08
     敦煌莫高窟の壁画の映像を見ていた。そこで出てきた「極楽浄土」という言葉にどきっとした。僕の探してきた美はこれなんじゃないか・・・、突然、そう思えてきた。一つずつのデザインが極楽浄土でありたいと、僕は思っていたことにやっと気付いた。
     こういう言葉は先がないことも知っている。こんな言葉に行き当たってしまうと、デザインとはなんぞやの思索が途絶えてしまう可能性がある。「極楽浄土」とは、そんな危険な言葉であることは確かだ。それでも、僕は一瞬「極楽浄土」
  • 2008/12/22

     椅子のうしろ姿は親父の背中に見える。椅子の前は「どう?座らない?」と話しかけてくるおふくろの膝に見える。
     後ろから見ると椅子は「もの」だし、前から見ると「空間」である。
  • 2008/12/15
    地場産業が活力をなくしているからそれを支援する。弱者がこのままでは生きていけないから補助する。伝統工芸が跡継ぎもなくこのままでは途絶えてしまうから資本をつぎ込む。これが経産省だったり中小企業庁だったりの活動である。官僚機構たるものの当然の活動なのだがどこか悲しい宿命を感じてしまう。
  • 2008/12/09
    欲することは大切なことである。こうしたい、ああしたいという欲求を持つことも、それを表現することもできない若者が多くなったと言う人がいる。この欲求は人間の命の力だから根本である。
  • 2008/12/08
    僕は建築家でデザイナーである。もちろんその前に1人の人として身体全部で人生を過ごし、過ごすことで「美しいものを探し」ている。「真実を探す」ということも出来るのだが、僕にはやはりこの「美しいもの」が一番ぴったりする。
    何のために今日も明日も生きているかと問われると「明日もきっとなにか感動がありそうだから」と言うしかない。
  • 2008/12/01
    どうやら魂はあるらしい。いつか書いたけど生命は宇宙の原子だけの世界がある種の奇跡で生まれたんだろう。だから死とはその奇跡の現象から普通の宇宙の原子の世界に戻るだけのことだと思う。生命は大したものだけど、死は実に簡単なことだ。
    それでもそんなに簡単だと思っても何か一つだけ納得できない。それは僕が今思っていること、願いとか希望とかが生命現象が途絶えて原子の世界に還ったところでどこに行くのかなのだ。
  • 2008/11/27
    お金とは不思議な生き物である。かつて、あまりにも貧乏でついに友人が君はお金に好かれていないんだよ、と言い出したことがある。彼に言わせれば金を愛さないから金だって君を好かないんだ・・・と。
    その友人はもうリタイヤして芦屋に悠々と住んでいるがどの程度のお金持ちになったであろう。
  • 2008/11/26

    吸って吐いて・・・。朝のひんやりする晩秋の空気は気持ちがいい。ちょっと喉をいたわりながらそれでもこの空気の旨いこと・・。
    でも誰も意識してその空気を吸っている訳じゃない。自然に、意図せずに吸い、吐いている。これが呼吸である。これが止まると死ぬことになる。
  • 2008/11/21
    フランク・ロイド・ライトの著書に「A TESTAMENT」というのがある。遺書とか遺言という意味がある。
    ライトがこの本を書いたのが1957年であり、ライトの死が1959年なのだから人として生きて死ぬことを意識したときに残しておきたい言葉があってそのために書いた本なのではないかと思う。
  • 2008/11/20

    つい最近、匿名記事の凶暴性を語る記事を読んだ。匿名の形で原稿を書き責任を回避することへの疑問を訴えていた。特にインターネットでの匿名記事による暴力は善良な市民を誹謗して想像を絶する被害を与えたりする。子供達の世界では自殺に追いやることさえあるという。
  • 2008/11/19
    「貪欲が民主主義を食い散らかし、市場の行き過ぎを推し進めたその結果ですから、バランスの取れたところまで、調整が不可避です。人間っていうのは、教訓を学んでも、すぐ忘却のかなたに追いやるのですね。でもそれが人間らしいといえば、人間らしいところです。また、バブルといっても、出現するたびに意匠が違っているので、人間も少しずつは賢くなっていると思います(思いたい)。 」
  • 2008/11/05
    死んだら消えるんだ。消えるだけなんだな。
    本人は消えたことを知らない。世の中も消えたからってなにも変わらない。大切なのはいま生きているこの瞬間の生き様だけだ。どう生きているかだけが問題なんだ。
  • 2008/10/26
    1つの成功物語と言っていいだろう。今、三十代前半の可愛い女性である。3才半の女の子がいて家族は深川(シンセン)に住んでいる。僕が会ったのはつい先日上海である。従業員は工場を除いて200人以上。ファッションの3つのブランドを成功させている。仕事を始めて11年である。一仕事10年だから当然、これからの10年を模索している最中である。今、悩んでいるという。「そんな時は原点にもどるといいよ。10年前に戻りなさい・・・」これはその時の僕のアドバイスである。
  • 2008/10/25
    高岡は僕が伝統工芸と出会った最初の街である。本来は加賀文化に属した地域だったのだが石川県に入らず富山県に入ることになって文化的に孤立している地域になっている。
  • 2008/10/23
    今度の旅でちょっと中国のことについて思い違いをしていたことに気付いた。
    浦東(PU-TONG)地区で中国ファッションフォーラムがあったのでホテルもレストランもその辺りの施設だったのだが、この浦東というのが実に広い。
    超高層の林立する新開地なのだがその奥に広大な地域が広がっていて、続々とホテルや会議場や大型展示場ができている。その一角でフォーラムなどのイベントがあったのである。
  • 2008/10/21
    僕の創作活動はKに収斂して来た。「デザインからものづくりへ」と主張して始めたKも販売を開始してまだ8ヶ月目なのだが予定通り「海外70%」を実現している。
    この8ヶ月にいろいろ学んだ。流通と言うものの大変さも面白さも知った。どういうつくり方で、どういう販売の仕組みを組み立てて、どんな上代を目指してどんな原価で納めるか・・・もおおよそ分かって来た。
  • 2008/10/20
    今、上海にいる。
    CHINA FASHON FORUMの講演のために来ている。
    僕の講演のテーマは「デザインとブランドと産業」なのでKの話をした。好評だった。今日はホッとして後は展示会をみてパーティーに出席すれば仕事は終わりである。
  • 2008/10/06
    Kの風景と称して展覧会を始める。2009年のためのKの新作発表である。Kができてから「つくりたいものをつくる」という状況ができた。これが嬉しくてたまらない。
    Kはこう謳って設立した。「売れる物をではなく、つくりたい物をつくる会社である」と主張してきた。だから思いっきり「つくりたいもの」をつくってきた。
  • 2008/10/05

    不老庵カフェのインテリア
    岐阜の瑞浪というところにいる。
    秋が殆どそこまで来ているのだがまだ夜の虫の声と窓から入ってくる冷気と柿の実がそっと気配だけを見せている。
  • 2008/08/28


    とにかく驚いた。
    ハワイの休暇中のことだったのですが、始めに与えられた車はフォードだった。
    ちょっと買い物やレストランに行くたびに恐ろしい勢いでガソリンのメーターの針が動く。どんどんガソリンを消費しているのが分かる。
  • 2008/06/27
    突然だけど、ふっと思ったことがある。
    それは「死の世界が初めにあり、そこに生が芽生え、再び初めの死の世界に戻る」のだということである。
  • 2008/06/19
    僕のこれまでの仕事は殆ど「依頼されたプロジェクト」ではない。いつも「やりたいこと」が生まれてそれを実現するために「プロデュース」して実現してしまう。だから嫌いなことは殆どしないで今日まで来ている。その代わり「やりたいこと、実現したい物」をいろいろな可能性を探って努力をする。実に沢山が実現したけれど、反面、実現しないで未だに粘っているテーマもいっぱいある。
  • 2008/06/18
    いやはや、実に面白い。Kを始めてから興奮の連続である。デザインはこうしてプロダクションに関わることでその意味の深さがどんどん見えてくる。
    初めはつくることからKが始まった。職人にはなれないからせめて「システムとしての職人」を目指したプロダクションの組織だった。そしていろいろな作品が生まれた。多くの職人やメーカーが協力してくれたから価格は決して値切ることなくいいなりに原価が決まっていった。
  • 2008/06/16
    ECOは社会意識がなければ実現しない。自分だけのことを考えている人にはこの発想は生まれない・・・こう書くと「そうだよ、そうだよ!」という声が聞こえてくる。
    もちろん、そうなのだけれどそれでは本当にはECOは実現しない。
  • 2008/06/12
    人生を放物線のようには生きたくないと思っている。頂点があって次第に衰えていく人生は断固拒絶したい。思いっきり生きて「ぱっと」消えたい。
    この生きるってことには二つの力が必要だなって思う。一つは「努力」で、もう一つは「夢」だ。「努力」は人生を後押しする感覚の力だがもう一つの「夢」は人生を引っ張る力だ。
    人生は後押しと引っ張る二つの力でまっすぐ動いていくのだと思う。
  • 2008/05/29
    Kという会社の商品は全部、雑貨だとしている。雑貨というのは英語でもなかなかぴったりの言葉が見つからない。
    しかし、日本語でのニュアンスは面白い。雑というのが面白い。
  • 2008/05/02
    Kの作品には13の主要なブランドがある。そのロゴタイプを13人のアートディレクター達がデザインしてくれた。長い付き合いの友人達が9人と新進気鋭の、僕が初めて出会う若手のアートディレクター達が加わって一挙に13のロゴタイプが生まれたのである。それぞれのロゴタイプは僕の作品と対面し会話して発想してくれている。
  • 2008/03/03
    いよいよ、3月5日からニューヨークに乗り込む。株式会社Kがニューヨークを拠点に販売を始める。55コンテンポラリーというニューヨークの会社がKのディストリビューターとなってここから北米大陸全体へ手を伸ばしてくれる。
    3月6日から9日までHOME DESIGN SHOWのNO.850 で展示し、その後、11日には55コンテンポラリーのショールームで展示し多くのニューヨーカーを迎えてレセプションが開催される。
  • 2008/02/12

    南極点Mummにて乾杯
    南極極点制覇!やっと嬉しい情報が届いた。続素美代さんが遂にやったのである。彼女は日本人女性で三人目のチョモランマ登頂者である。この南極極点制覇とチョモランマの両方を制覇の女性は彼女が最初らしい。
  • 2008/02/05


    柿谷さんという家具作家がいて、もう大分前に訪問したことがある。高岡の森の中に工房を持っていて、奥さんがパッチワークをやっていて二人で素晴らしい素朴な建物をつくって作品を展示していた。柿谷さんは作家というより心は職人なのだがそこが好きだし、なのに現代の生活感情にしっかりと馴染んでいるあたりが凄かった。谷間に降りると温泉があって入浴したのだがこの世とも思われない環境だったし心境になった。
  • 2008/01/21


    金箔の皿をつくった。食器といってもけやきの生地に金箔を張り重ねた漆器なのだからどの程度の使用に耐えるのかがまだ分からない。
    金箔は兎に角美しい。どうしても禁欲的にデザインを展開して来た僕には金箔と出会わなかったら決して考えもしなかったものなのだが,美というのは実に不思議である。出会って,そして惚れ始める。女性との出合いと似ている。
  • 2007/12/20
    2007年11月に中国・アモイの四つの大学で「デザインの修辞法」というタイトルで講演会をしてきました。延べ2000人を超える若者たちに大歓迎されました。中国のいろいろな面を日頃から感じていますが、この若者たちの純粋な瞳を思い出すとほっとします。
  • 2007/12/07
    今年は激しい一年だった。身体が2つも3つもほしい忙しさだった。2月に中国の友人の事故死、4月に新会社Kの立ち上げ、8月には久しぶりにマダガスカルに息子を訪ねて9月には新会社の対外的発表会。秋はデザイナーズウィークのタイミングにネクストマルニとの共催で新会社のK展を開催、兵庫での文化デザイン会議もあって忙しい文化の秋になった。
  • 2007/09/23
    日本は世界の他の国と一寸様子が違う。日本独自の芸術があり日本では充分に評価されているのに世界では全く通じないことがあったりする。日本画がそうだし伝統工芸がそうである。着物の職人がどこまで世界で評価されるかというと当然、殆ど無理なように、日本の独自な芸術は日本独自な文化の領域で閉鎖的に育てられ守られて来たために今日まで続いてきたのだが、同時に世界的な評価の域外に置かれている。
    茶道の仕掛けがそれを育て、守った重要な思想であり作法なのだが、それも残念ながら新しい時代の波がその質を変えつつある。着物も伝統工芸も日本画もまだその世界は元気に見えて実は産業としては一部を除いて、零落の道を辿っている。
  • 2007/09/19
    展覧会が始まった。本当は10月31日から始まるル・ベインでの東京展が最初の発表だったのだが、縁あって、オリエンタルホテル広島のギャラリーでのデビューとなった(オープニングパーティーは11月1日)。
    以前、曼荼羅紀行で触れたことのある株式会社Kの商品が、アライアンス企業の努力でやっと日の目を見たのである。
    9月7日と8日になんとか間に合ってプレスの皆さんと一部の友人達には披露したのだが、こうしてパブリックへの発表は9月14日のこの日が最初だった。当日、オリエンタルホテルのチャペルで展覧会と同じタイトルで講演会が開かれた。100人の収容人員にそれを超える人々が集まってくれた。
    僕は「なぜ株式会社Kを始めたか」をここで説いた。
  • 2007/09/18
    招かれて台湾に行った。コンペの審査とアワードの審査、そしてフォーラムへの出席が目的だった。
    久しぶりの台北は綺麗だった。時々通う上海の印象があるから緑豊かで清潔な台北はちょっとビックリだったけれど、考えてみれば当然なのだろう。
  • 2007/08/20
    王宮で寺院。その融合した世界と言うべきか。緻密な装飾が驚異的である。映像だけで十分だろう。
  • 2007/08/19
    マダガスカルには今はタイのバンコク経由がいい。僕の最初の訪問はパリ経由だったのだが、シンガポール経由の時代を経て,今はバンコク経由である。途中で小さな島で給油して,全部でバンコクから10時間程、日本から時差は6時間である。その経由地で冒険から抜け出してやっとバカンス気分を味わったのである。
  • 2007/08/18
    坂道が多いから街を散策することが困難である。その上、息子は年寄りには危ないとなかなか街を歩かせてくれない。それでもマーケットを訪ねた。
    僕はこれまでフィリッピンでも韓国でも中国でもモロッコでもパリでも・・・・・日本でも下町や古い街を歩くのが好きだ。その土地の歴史や風俗がもっともよくわかる。それなのになかなか歩かせてくれない。
    確かに,ある程度は危険なのだろう。観光客風に、カメラを下げてふらふらしていては襲うのに格好の相手なのだろう。
  • 2007/08/17
    首都、アンタナナリブのことを土地の人々はタナと呼ぶ。12の丘で出来ていて夫々に砦があって中心の丘に女王が君臨したのだと言う。この街はマダガスカルの一番高い中心に位置していて,そのまた険峻な複数の要塞で構成された街である。
  • 2007/08/16
    そもそも、息子がマダガスカルに住むことになった切っ掛けを作ったのがアレキシスさんだった。かれは東京農業大学へのマダガスカルからの最初の国費留学生として日本に来て、知り合ったのだが、それが縁で彼はこうして遠くはなれたマダガスカルに夢を持つようになったのである。
  • 2007/08/15
    車で移動中に沢山の集落を見た。道路に家が引っ付いている村の形ではなく、空地に家々が適当に配置されている、典型的な集落である。一軒一軒がお互いに気遣いしながら適当な間合いをとって集合している。

    自分でつくっているらしいこの家の構造は細い丸太を組み合わせている。端部が二股に分かれたそのポイントを上手に使ってはりを乗っけたりしている。時間がある時につくるので建設中の家がいっぱいある。
  • 2007/08/14
    アフリカの東側に寄り添った大きな島。人口は1700万人程度だが国土は日本の1.6倍という。こんなところに僕の息子が住んでいる。
    遠くてなかなか行けないのだがやっと家族で訪ねることが出来た。

    僕にとっては二度目なのだが、さすがに遠い。バンコクで乗り換えてマダガスカル航空でアンタナナリブに入る。
    息子夫妻の迎えを受けて、少しの休息後にすぐ西海岸のムルンダバにプロペラ機で飛ぶ。
  • 2007/07/04
    宇宙のどこかに生命のある星はないか、と真剣に探している人たちがいる。この無限に広がった宇宙だから生命の星はまさか地球だけではあるまい、というのである。それでも、まだ誰もそんな星を発見していない。どうして地球だけに生命があるのか?
  • 2007/06/25
    「ものづくり」とはそれを<欲して>、その姿を<描いて>、いろいろ工夫して<つくる>ことなのだが、今のデザイナーはそのなかの<描くこと>だけをやっている。
    マーケットが欲するからその通りにつくることがいいことだと思い込み、それが本当にいいものかを考えることをしないで<描いて>いる。「危ないぞ~、マーケットなんてどこにあるんだ?ちゃんと考えないと本当に使う人ではない誰かの欲求を満たしているだけかも知れない」と思うべきである。
  • 2007/05/30
    今では「ものづくり」と言えばメーカーのことなのだが、それ以前に「ものつくりの専門家」とは職人のことだった。ものをつくるとは素材を加工することだから職人は素材といつも会話して素材の心を知っていた。加工しているうちに素材への愛情や素材との一体感が育っていくのだろう。
    素材とは身の回りの自然の一部のことで、素材と語り合うとは自然と語リ合うことを意味している。人間も自然の一部だから職人さんは「自然と自分との一体感を感じながら素材と会話している人」だと言うことになる。
  • 2007/05/27
    40年前の僕のオフィスのロゴマークは石岡さんだったのだが今は株式会社のKのロゴマークとして再生している。そうなったのは松永真さんのせいである。真さんは僕のオフィスのステーショナリーの作り替えをお願いした時にロゴマークも変えてしまったのである。グラフィックデザイナーが異なるデザイナーのつくったロゴマークを使うのに抵抗があったのであろう。
  • 2007/05/25
    株式会社Kという名称には深い訳がある。もちろんKUROKAWAのKなのだが単にそこから来たのではない。普通は会社名が先に決まってロゴマークは後でつくるのだがここではその経緯が逆になっている。
    ロゴマークが先にあり、そこからこの会社名が生まれた。
  • 2007/05/21
    デザイナーが自分の構想をそのまま実現できるということは実に嬉しいことである。日頃は紙の上に構想するのだが,密度の高い構想でも理解者がいないと実現しない。
    当然のことだけれど商品化しようという決断をしてくれた企業だってその企業の力の範囲でマーケットを考え、販売先を考え、投資額を考えながら製品化の計画を立てる。当然、リスクは大きいし、僕がどんなに自信があっても相手企業次第で実現はしない。
  • 2007/05/18
    OEMとは<original equipment manufacturing>の略称であり、「相手先ブランドで販売される製品の受注生産」のことを言う。これは今ではメーカーの多くがこういう立場で仕事をしている。
    「物をつくる企業」は、市場がなにを求めているかを予測し、それを製造して小売店に販売するのだが、この製造という中心的な作業に意識も資金も集中して、川上である「予測・企画」と川下である「広報・販売」がどうしても疎かになる。
  • 2007/05/16
    シンプルに自分のイニシアルをそのままにした株式会社Kを設立した。これはいわば自分の仕事の総括だと思っている。
    デザインは物をつくるためにする行為なのだが,それがなかなか実現しない。デザイナーは物というメディアで語る語り部であったり小説家であったり哲学者なのだが,スケッチや図面やモデルだけで終わってしまっては表現できないのと同じである。
    普通、デザイナーは企業から依頼されてデザインするからいろいろ変更されてしまうことはあってもとにかく実現する。違うんだよな…とか思ったとしても、とにかく歌手なら歌が歌えたことになる。
  • 2007/05/14
    オフィスを開いて40年になる。その間、一貫して10人以上のスケールにしないと決意していた。バブル期の仕事がいっぱいの時もそれを死守して来た。ある先輩は、「君、それは寂しいことになるよ」といっていたけど、確かに寂しい思いはいっぱいだった。どうしても仕事の仲間は入ったり出たり。まるで大学のような感じだった。大組織だとどんどん人は組織の中での立場が上がって、課長から部長、そして、社長や会長になるまで、ずっと定年までやっていける。ところが、10人ということはいつまでたっても部下ができない。意欲のある人はどんどん出て行くことになる。また別れだな、と飛び立つ若者を祝福しながら、寂しさを噛み締める。
  • 2007/04/15
    少しずつ死のことが見えて来た。死ぬとはどういうことかが分かって来た気がする。
    宇宙と自然とを同じことのように感じていたのだけれど、どうもそうではないらしい。自然とは生命体の生息する世界。宇宙とは原子の世界なのである。そして、死ぬとは自然から宇宙に還ることのようなのだ。
  • 2007/03/06
    友人から返信があった。以下、本人の許可を得て掲載します。

    -------------------------------------------------------
    まあ、勝手に決めつけないで。
    年よりだけが特権的に死を語れるわけでも、死と向かい合って
    いるわけでもない。

    ブログ読みました。
    「今日は死ぬのにもってこいの日」あれは私が黒川さんに紹介した本だね。ずいぶん前のことになるけれど。
  • 2007/02/24
    「今日は死ぬのにもってこいの日だ」というのがある。
    尊厳をもって自分の死をおおらかな自然観から捉えるネイティブ・アメリカンのセリフである(ナンシー・ウッド著/出版・めるくまーる)。
    宗教が説く死生観ではなく自然の1部として生きる人間のセリフである。
  • 2007/02/18
    一人一人がそれぞれの喜びや悲しみを感じながら生きている。恥ずかしかったこと、不愉快だったこと、思わず微笑んでしまったこと、思い出しても辛いこと、ふと感じる不安や寂しさ、嫉妬、侮蔑、自己嫌悪、でも頑張るぞ~と自分に言い聞かせる瞬間、そしてまた落ち込んでしまう瞬間・・・そんないろいろな想いの中に一人一人の人は生きている。人生は簡単ではない。毎日、毎日それなりに苦労してそれなりに楽しく生きている。
  • 2007/02/10
    大連の友人が突然この世から旅立った。
    東京にいる僕には始めからその友人の存在が、毎日会う訳ではないから現実感がなく、その死がそれ故に現実に思えない。
    まだ出会って1年にもならないのだがメールのやり取りで気持ちだけは心の、結構深いところに侵入し合っていて、その死がとても辛いのだけれどその死からまだ12日しか経過していないこともあって未だに実感が湧いてこない。ただただ喪失感だけが残されていてその感覚が1日に何回となく蘇ってくる。
    その友人の存在が始めからはかない夢のようだったから、そのまま本当の夢になってしまったと言うのが当たっている。
  • 2007/01/01
    何も変わるわけではないのだが新しい年は気持ちがいい。誕生日にしても正月にしても,だらだらと動いていく月日に区切りを付けて、正月だ、誕生日だと再出発の日を決めるだけで命が蘇る。さあ、今日の始まりだ!と毎朝思うだけで再出発できる。
    時というのは空間と同じように連続的なのだが、人がそれにかかわると途端に違う様相を持ち始める。今と言う一瞬はそれが刻々と移動してとどまらないのだが常に<これまでの過去>と<これからの未来>を今の後ろと前に持っている。
    問題はその<これまでの過去>と<これからの未来>の間にものすごい断絶があることである。
  • 2006/12/10
    最近、写真を真剣にやってみようと思っているのだが、できた写真を見ていると僕の写真は物をとっていない.必ず空間をとろうとしている。空間は物と物の間に出来る「間」だから空間をとることで物も撮っているのだと言えないことはないのだが、僕の写真には物の霊魂までは写っていない。
  • 2006/11/23
    デザインとはどの範囲を言うのか、どうも僕の中では二つの範囲があるようである。普通は「ものというかたちで様々な欲求の力を収斂させる」ことがデザインなのだが,もう一つ大切なデザインの範囲はその「ものが成立する条件をもつくりあげること」である。
  • 2006/11/22
    何のために生きているのだろう、と考えることがある。これまで色々な仕事をして来たが、建築から始まって工業化建築の開発から、建材の開発、そして、プロダクトデザインに夢中になって、そしてインターネットに、今では自分のデザインしたものを販売することまでやっている。そして、その全部がデザインだと思ってもいる。
  • 2006/11/05
    愛とは不可解でちょっぴりスキャンダラスで、そうは簡単に口にできないセリフである。僕はこの愛と言うセリフで2度ほど人の心との断絶を経験している。
    シンポジュームでいろいろ議論をした後で『結局,建築もデザインも愛の問題だ』といったところ相手は息をのんで、その後、あいつと議論するのはごめんだ、と付き合ってくれない。も一つは早稲田大学で学生に対してこの同じセリフを言ったらしい、らしいと言うのはちゃんとその瞬間を覚えていないからなのだが、最近その学生がプロの建築家になって出版した著書に『黒川と言う先生が・・・』と前述のセリフを書いているのを発見したのである。
  • 2006/11/03
    逸話4/<九龍公平杯>の伝説
    明の時代のことです。政府は景徳鎮に皇帝のための専門工房として<御窯工房>を開設しました。
    その噂を聞いて多くの陶磁器の職人たちが景徳鎮に集まってきました。そこで働きたくても簡単な事ではないのですから選ばれた技師たちは全部優れた技術を持っている技師たちばかりでした。
    景徳鎮の県長は皇帝の関心を買おうと<御窯工房>の技師たちに半年以内に<九龍杯>という陶器を作らせるという厳しい命令を出しました。よくできれば賞金を与えるけれど、できなければ厳重に処罰をするというのです。県長は自ら現場にいて監督までしたのです。
  • 2006/11/02
    逸話3/陶磁器の仙人
    民国年間に景徳鎮に曾生という人がいました。彼はとても有名な陶磁器職人でした。ただの土が彼の手にかかるとまるで本物のようになるのでした。彼が仙女と花を彫刻すると仙女どころかその周囲に沢山の華麗な花がまるで本物のように香りまで漂って咲き乱れるのでした。こんな優れた腕を持つ職人は生活には余裕があるのだろうと思われるでしょうが、彼はまったくその逆でした。彼の作品は宝物のように高値に売れたのですが、資本家と官僚たちがいろいろな名目で税金を徴収し、ほんの僅かしか残りませんでした。その上、彼は自分より貧しい人たちを援助していつも貧乏でお腹を減らしていました。
  • 2006/11/01
    景徳鎮は1000年の歴史を持っている。中でも明の時代は多くの傑作が生まれ、世界に輸出された輝かしい時代であった。当時は官窯と呼ばれる皇帝のための陶磁器を生産する窯があり、そこでは数十、数百の器を焼いてその中から優れた器だけを選びだし皇帝に納めていたと言われている。そのために今でも当時廃棄された器が固まりとなってでてくるという。
    そんな景徳鎮には当然、多くの逸話が伝承されている。その多くは皇帝のためにどれほど苦労して美しい器を生み出して来たか、その職人たちの悲しい物語である。
    そのいくつかを紹介しよう。(採集・翻訳/劉海清、日本語監修/黒川雅之)
  • 2006/10/27
    コンピュータのデスクトップの片隅にこの原稿を見つけた。一寸季節外れだが掲載する。
    今年の秋はまだ曖昧に始まって本格的な秋晴れを見せてはくれてはない。ほんの一日深い秋の空だと思ってもすぐ曇りになり雨になる。
    日本はなんて多様な気候を見せてくれる国なのかと思う、そしてそのことが日本人の多様な美意識を育てたのだなとふっとこの秋らしくない秋にも感謝したくなる。
    秋らしくない秋に秋を感じ、雨の降る日にもその美しさを愛で、風の強い日にはその風が好きだったと少年の頃を思い出してそれを楽しむ。夏は暑くなくっちゃな、とあきらめではなく本当にそれを楽しむ。
  • 2006/10/26
    景徳鎮で皿をつくろうと思い立った。訪ねて景徳鎮の国営企業と作業に入った。その街のイメージを探す、多くの人々に会う、景徳鎮陶磁器大学を訪ね、教授と会い、そして、歴史を調べる。

    小学生の時代に知ったあの中国の景徳鎮の知識とも、二十数年前に訪ねた煙突のいっぱいあった景徳鎮とも今は恐ろしく異なっている。1000年の歴史はどこへ行ったのかと思うほどに簡単には見つからない。深く知るに従って景徳鎮の神髄のようなものが少しずつ見えてくる。
  • 2006/10/15
    椀と碗。椀は漆器などの木製の場合、碗は磁器や陶器の場合に用いるそうである。同じ発音でも漢字は正直にその素材や感触まで伝えている。英語だと単に「ボール」だから深い身体感覚での意味までは伝えてくれない。
  • 2006/10/09
    器(うつわ)って何だろうといろいろ考えている。その思いと想いをいろいろな形で書き記していくことにする。

    もう二年ぐらい昔からになるのだが、朝食をパンからご飯に切り替えて日本式の朝食を始めた。理由は健康なのだが和食はオイルを使わないし、用いる素材が多様でいかにも健康にいい。
    始めは何でもない茶碗を使っていたのだが、そういえばすばらしい漆器の碗を頂いたのだったとしまい込んでいた二つの漆器の椀を持ち出して使いだした。
    一つはご飯にもう一つはみそ汁に。その二つともそれぞれ優れた作家か職人の作品だから食べていて気分がいい。手触りも口障りもよくて急にご飯もみそ汁も美味しくなった。
  • 2006/10/05
    書道家の柿沼康二さんをテレビでインタビューしていた。名筆をそのまま書き写すことを臨書というそうである。彼は毎日必ずこの臨書をするという。臨書をして創作をする。この関係が僕には呼吸に見えてきた。
    優れたピアニストの演奏を聴きそれを真似てみるのも一種の臨書だろう。
    学ぶことと創作することの関係は呼吸なのだと思う。学ぶことを、息を吐くことだとすると、創作することは息を吸うことである。吸うだけでは窒息する、吐くからこそ吸うことが出来る。
  • 2006/10/04
    美容院にいくと先ず、頭を洗ってくれる。その度に思うのだが折角気持ちよく洗うに任せているのに洗いながら常に声をかけてくる。「首の様子は大丈夫ですか?」、「お湯の温度はいかがですか?」、「洗い残しはありませんか?」、「濯ぎ残しはありませんか?」と少しも休まる間がない。その度に苦虫をかみ殺して「うん」とだけいっている。
    洗ってくれている若い男性はきっと見習いで、いろいろな気遣いをすることがサービスだと思っているのだろう。お客様の快適を求めて一生懸命に不具合はないか気を掛けてくれているのだろう。でも果たしてこれがサービスだろうか?
  • 2006/10/01
    何でもない漁師町をすぎて町並みを少し入ると突然雑木や竹林の木立が迫って一車線の山道になる、このほんの少しの、まるで儀式であるかのような導入部を抜けると空き地に二三台の車が止まっている。

    年老いた柴犬かその雑種かと思われる犬と二人の子供がいる。一人の子供が楓の木の4メートルはあろうかという高さの小枝に身体をかけて揺らせている。もう一人の女の子は何かお気に入りのものを手にもっている。