DESIGN NEWS

Skin
フィリップスデザイン「プローブ」プロジェクト展 開催中

2008/01/28
オランダのフィリップスデザイン社は2020年以降のライフスタイルを想定したリサーチを実施し、政治・経済・環境・技術・文化の5分野におけるイノベーションを探求するプローブプロジェクトを行っている。


本展では、このプロジェクトから主に「タトゥー」と「サスティナブル・ハビタ」プログラムをご紹介。「サスティナブル・ハビタ」は今後変化し続ける環境を自然と共存しながら、壁の外から受ける自然エネルギーを内環境に活かし持続可能な都市や住環境をデザインするという提案。「タトゥー」は人間の意思によって変化する動的なタトゥーを身につけることができる電子インクのプロジェクト。この感覚に訴えるエレクトロニックタトゥーが実際にシュミレーションできる。
これらの提案は斬新かつ突飛的な印象を受けるが、リサーチに基づいているとあってとてもリアル。10数年後のそんなに遠くない未来、私たちのライフスタイルはどう変化していくのだろうか。
詳細は、コチラ




【展示会情報】
日時: 開催中 – 2008年2月3日(日)
    11:00 – 19:00
会場: アクシスギャラリー 
    http://www.axisinc.co.jp
    東京都港区六本木 5-17-1
    アクシスビル4F
お問合せ先: Tel 03-5575-8655
       mail gallery@axisinc.co.jp

※ 会期中、毎日17:00よりプロジェクト担当者によるプレゼンテーションを行います。