SALONE NEWS in Milan

Salone News in Milan Vol.3
Fuori Salone Event “M+K DESIGN”

2008/05/19
ミラノを拠点に活動しているデザインオフィス「M+K DESIGN」は、昨年に引き続き、イタリアの老舗紙メーカー FABRIANOのミラノ市内ショールームギャラリーFABRIANO Boutiqueにて「M+K DESIGN展」を開催。


今年の新作は、何層にも重ねられた紙のすきまに、さまざまなサイズの写真やカードを差し込み固定する、紙製フォトスタンド「shima shima」(Fabrianoにて発売)の他、アクリルを用い、重なる層の中で立体的な空間を創り出す光のインスタレーション「Layer」、LEDポータブルライト「rin」を発表。

「ミラノの中心地、モンテナポレオーネゾーンの中にあるギャラリーでの展示も二年目となり、本年もたくさんの方々にご来場頂き、おかげさまで大変盛況に終えることができました。毎年楽しみに見に来てくださる方々との会場での再会、また世界各国より足を運んでいただき、意見交換などができる充実した時間を持つことができ、とても実り多き時間を得ることができました。
現在、来年のミラノ・サローネ、ユーロルーチェに向けてのイタリアメーカーとの新作照明器具の開発も始まっており、2009年も、さらに新しいデザインをミラノから世界に向けて発信していきたいと思います。」と、渡辺さんと田中さんからコメントをいただいた。すでに来年に向けてプロジェクトがスタートしていて期待に胸が膨らむ。




■Profile
M+K DESIGN
2001年よりイタリア・ミラノを拠点に活動する渡辺麻衣子と田中康一によるデザインオフィス。
プロダクトデザイン、インテリアデザイン、照明設計、照明コンサルティングなど幅広い分野で新しいプロジェクトを展開。「Designer's Catalogue 10」など国内外の展示会参加多数。2002年より毎年ミラノサローネに参加。2005年ミラノサローネデザインリポートアワード特別賞受賞。
クライアントにPenta社(伊)、Oluce社(伊)、IDEA International (日本)など。
URL: http://www.mkdesign.jp/