ガソリン

2008/08/28


とにかく驚いた。
ハワイの休暇中のことだったのですが、始めに与えられた車はフォードだった。
ちょっと買い物やレストランに行くたびに恐ろしい勢いでガソリンのメーターの針が動く。どんどんガソリンを消費しているのが分かる。
レンタカー屋さんにクレームをつけて日本車に乗り換えた。
運転しても殆ど針が動かない!
燃費のいい車。これは今では当たり前の人々の要求なのだが、その感覚がアメリカ車と日本車では根本から相違している。
アメリカの自動車産業が傾いたのはそういう普通の人々の感覚から大いにずれていたからだなと分かる。日本車では当たり前の燃費への意識と努力を全くしていないのである。
とにかく驚いた・・・それほどにアメリカの自動車産業はサボっていたのである。技術力の前に意識の問題なのだろう。

それでも海は同じように輝いていた!

黒川雅之