Kの風景

2008/10/06
Kの風景と称して展覧会を始める。2009年のためのKの新作発表である。Kができてから「つくりたいものをつくる」という状況ができた。これが嬉しくてたまらない。
Kはこう謳って設立した。「売れる物をではなく、つくりたい物をつくる会社である」と主張してきた。だから思いっきり「つくりたいもの」をつくってきた。
今、僕は「鉄」に夢中である。石器時代、青銅器時代、そして近代の下準備は鉄器時代にはじまった。そして、現代もその鉄器時代の延長上にある。新しい金属やプラスティックも登場するけれど、結局は建築も自動車も電車も鉄なしでは成立しない。その鉄器時代にさかのぼろうというのである。

鉄は土のにおいがする。鉄は炎の記憶をもっている。鉄は人間の身体にも多く含まれていて大切な成分である。

僕はどうしても素材への愛情から仕事が始まる。
初めはゴムだった。そのゴムの作品gomはデザインして40年になるのだがまだ製造し販売し続けている。その後、アルミニュームにも夢中になったしチタンに惚れ込んだ時代もある。もちろん今だってそれらの素材は好きなのだが今、僕は鋳鉄に夢中である。


今年のKの風景をつくる中心は鋳鉄である。新作発表をご覧頂きたい。
以下は新作発表会の案内状である。




「Kの風景」

Kが新しい展開を見せます。2009年度に向けた新作をご覧ください。

一年前に出発したKはヨーロッパ、アジア、アメリカにパートナーを得て海外への本格的進出を始めました。
2009年度商品はこのKの国際的展開のための戦略商品群です。

2008年10月24日(金) - 11月3日(月)
@K-SHOWROOM & K-STUDIO
東京都港区西麻布3-13-15,パロマプラザB2

□ミュンヘンで活躍する鎌田治朗さんのジュエリー展が同時開催です。ご期待ください。
 鎌田展は24日(金)〜29日(金)*29日は16時まで。
□10月25日(土)16時半より鎌田治朗さんのレクチャーと黒川雅之との対談があり、その  後、ささやかですが飲食を準備しています。

株式会社K