DESIGN NEWS

「衣服〈わたし〉を着る」

2008/11/11
早稲田大学繊維研究会によるファッションショー「衣服〈わたし〉を着る」が11月16日、恵比寿ガーデンプレイスで開催される。


衣服は食・住と並び、人の生活に密着した最も身近なデザイン。
「対話」をキーワードに、衣服をファッションとしてだけではなく、生活環境への洞察や社会性などを孕む「人と共にあるデザイン」としてモデルとの対話を基に、行動・内省・情動という3つのデザインの側面を考慮しながら衣服を制作し、提案する。

繊維研究会ではデザインを軸に衣服の価値を多角的に再認識することを目指す。モデルとの対話の他、FINAL HOMEデザイナーの津村耕祐氏をはじめとし、アパレルやデザイン、その他様々な分野で活躍している方々にインタビューを行い「衣服の価値」を考察していく。また、インタビューの記録は当研究会のウェブページにてアーカイヴ化し、公開を予定。


日 時:2008年11月16日 (日)
・ 1st open 13:30 start 14:00
・ 2nd open 15:30 start 16:00
・ 3rd open 17:30 start 18:00

会 場:恵比寿ガーデンルーム T
入場料:1,000円
URL:http://www.sen-i.net/
お問い合わせ:sen.i.2008@gmail.com

〈早稲田大学繊維研究会〉
繊維研究会は1949年に設立以来、服飾を中心に繊維産業の研究を行い、1998年からはその成果としてファッションショーの企画・運営・服の制作へと活動の範囲を広げている。